みんなのメルマガ!

抜毛症ブログ↓

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

無料ブログはココログ

イベント

2014/03/08

確率は33%

 
誰かに相談するときは、
最低3人の大人に相談しましょう!と、このエントリーで書きました。
3人に相談したら、そのうち1人くらいはまともだろう…というお話でした。
 
誰に相談するか、考えてみた?
親はダメですよ~。親抜き、親以外の大人でお願いします。
 
そして、松本先生は、講演でこうも付け加えました。
「あなたも、3人中1人の大人になるんだよ」と、
「あなたも、誰かに相談される大人になるんだよ」と、
「残りの2人になっちゃダメだよ」と、
 
確率は33%です。これくらいだと、なんとかなると思いませんか?
確率0.001%くらいだと、さっさと諦めようと思うけど、33%ですよ。
どう考えても、なんとかなるでしょう。
ぜひ大人になって、三分の一にすべりこんでください。
私も、すべりこめるよう、なんとかがんばります☆
 

中高生のためのメンタル系サバイバルガイド

 
松本先生ご執筆のリスカの部分は、抜毛癖の方もとても参考になると思います。
どちらも機序はほぼ同じなので!
 
 
 
 
 

2014/03/07

「怒」の感情

 
傲慢かもしれないけど、人の本質がわかるほう。
もちろん全人類の本質がわかる!なんてことはありません。
もっと狭い範囲の話。
 
具体的に言うと、
その人の本質の部分が、「怒」の人。
微妙なニュアンスの違いですが、「怒る」「怒り」というよりは、漢字一文字の「怒」です。
「いかり」ではなく、「ど」と読んでくださるほうがしっくりきます。
 
表面上、穏やかに見えても、私、たぶんわかっちゃうんですよね。
どれくらいの確率でわかりそうかと言うと、おそらく、8~9割外さないかも…。
ポイントは、その「怒」を、その人自身も気づいていないことです。
完全に隠れているところ、無意識のところに持っている。
 
 
それじゃ、「怒」の人が、私の周りにたくさんいるかというと、そんなことは全くありません。
けれども、個人的に「怒」の人と知り合う機会があったり、一緒に時間を過ごさないといけなくなると、
ううっ(;´Д`)って、なります。
無意識レベルの「怒」って、結構強烈なパワーを発する。
 
これは、特別な能力でもなんでもなく、そして私だけじゃなく、
みなさまの中にもできちゃう人(もしくは、似たようなこれ系、「怒」以外でも、見分けることができる人)
いらっしゃると思うんです。
 
なぜ、特別な能力ではないけども、このような能力を持っているのかと言うと、
またここで、親の話&トラウマの話になります。
つまり、私の両親は、この「怒」が凄まじかった人たちだと思うんです。
だから、私が、過剰に反応してしまう。
 
反発だけ…で生きてきた私にとっては、
この「怒」の人に会ってしまうと、その人は親じゃないのに、赤の他人なのに、
無意識のうちに敵対視し、排除しようとしてしまうみたい。
いい年して、ほんとにその人と絡みたくなくなるの。
(このあたりの自分の心の動きが、最近やっとなんとなくわかってきました。)
 
いやはや、
赤の他人の「怒」なんてものに、気づいてもなんの得にもならないのです。
 
恐るべし、「怒」の怨念。
 
しかも、非言語のコミュニケーションって、ほんとにあるんだと実感するのですが、
相手の「怒」に私が気づくじゃないですか、無意識レベルで、そしたらどんどんその「怒」パワーが私に向かってくるんです。いやこれマジで。ブロックできないのです。なんせ生まれたときから受け慣れしてるから。かなりのハイレベルなのです。というかたぶんプロ級。どうやったってうまくできてしまう。回避するの結構難しい。パワーゲームに巻き込まれる。そして私が勝手に苦しくなる。
 
だから、しつこいですが、「怒」に気づいてもなんの得にもならない。
というか、気づく必要すらないのです。気づかないだけで、だいぶ楽になると思う。
 
 
 
最近、身近に、「怒」の人がいるのですが、
試練の日々ですね~。苦手なんて次元じゃないですね~。ほんとにしんどいね~。
 
あんたの勝手で、怒ってんじゃねーよ!ふざけんな!と、
その人の無意識レベルの「怒」に向かって叫びたくなりますが、
叫べないので、書いてみました。
 
あー\(・o・)/
書いたらけっこうすっきりしました。
 
つまり、キーワードは、愛なのでしょう。
わかってるよ。でもしんどいね~。愛の実践は大変です。
 
 
 
追伸①
顕在(けんざい)意識の怒りの感情は問題ないと思うし、原動力になることは確かだし、
私もしょっちゅう怒ってます。だから怒りは悪い感情だと思わないでくださいね!
無意識の「怒」が、顕在化してくるとヤバいと思うけど。ややこしいけど考えてみてください。
 
追伸② 
「怒」を見つけると、私は徹底的に反発、排除に動こうとすると書きましたが、
これとは真逆で、どんどん引き寄せられてしまう人もいると思います。
以前も書きましたが、特に恋愛で、親から受けた状況(あなたにわからないように、全然違うかたちで目の前に現れますが…)を与えてくれる人、不幸にしかなれない人をわざわざ選ぶ。
ひとつ言えることは、反発派も同調派もどっちも極端!バランスがゼロ!
というのが特徴です☆

2014/03/05

Disorder

Disorder ディスオーダー
無秩序、混乱、乱雑、不穏、騒動、騒乱、不調、障害、(軽い)病気
(Weblioより意味抜粋) 
 
抜毛癖の解釈は、びっくりするくらい、みなさんバラバラです。
まず単なるクセと思ってる人、
精神科に通院している人は、(かなり悲観的に)病気なんだ(´;ω;`)と思っている人、
ブログを読んでくれてる人は、あ、アディクションのひとつなのね…と考え直してくれた人、
解釈は、本当に人それぞれなのだと痛感します。
 
私もブログで散々「病気」という単語を使うので、
今さら何?と思われるかもしれませんが、
アディクションという概念+Disease(病気)、、、よりは、
アディクションという概念+Disorder(ディスオーダー)、、、という考え方のほうがしっくりくると常々思っていました。
 
ずーっと前から書こう書こうと思っていたので、やっと書けた。
 
精神疾患を 「病気」 と言われるとしっくりこない。
病気 というのは、先天的に心臓の中隔に穴が開いてるとか、
そういうのを言うんじゃないの…と思う。
 
ですが、日本だけでなく、世界においても、
精神の病も、心房中隔欠損も、もちろん診療科は違うけど、病気としてくくられがち?
けれども、以下、DSM でも、全部 Disorder が使われてます!
 

精神疾患のガイドラインで、世界各国で使われている分類なんだそうです↓
精神障害の診断と統計の手引き (←ウィキペディアのリンク)
の中に、下記疾患概念があります。

疾患概念

01, 通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害(Disorders Usually First Diagnosed in Infancy, Childhood, or Adolescence)
02, せん妄、痴呆、健忘性障害、および他の認知障害(Delirium, Dementia, and Amnestic and Other Cognitive Disorders)
03, 一般身体疾患による精神疾患(Mental Disorders Due to General Medical Condition)
04, 物質関連障害(Substance-Related Disorders)
05, 統合失調症および他の精神病性障害(Schizophrenia and Other Psychotic Disorders)
06, 気分障害(Mood Disorders)
07, 不安障害(Anxiety Disorders)
08, 身体表現性障害(Somatoform Disorders)
09, 虚偽性障害(Factitious Disorders)
10, 解離性障害(Dissociative Disorders)
11, 性障害および性同一性障害(Sexual and Gender Identity Disorders)
12, 摂食障害(Eating Disorders)
13, 睡眠障害(Sleep Disorders)
14, 他のどこにも分類されない衝動制御の障害(Impulse-Control Disorders Not Elsewhere Classified)
15, 適応障害(Adjustment Disorders)
16, 人格障害(Personality Disorders)

そんでもって、わたしら、14番。。。
 

ここ↑では、Disorderは、「障害」と訳されています。
「障害」って言われても、まったくわからないですよね~(-.-;)。
英和辞典には、確かに「障害」という意味はあるけど、全然しっくりこない。モヤっとしてる。
 
私は、Disorder は、シンプルに、
無秩序、混乱、乱雑、不穏、騒動、騒乱、など…でいいと思うんです。
 
同様に、Dis は 次の単語を否定する接頭語だから、
Orderじゃない。Orderの状態ではない。でもいいと思います。(Order も辞書で意味を調べてみてね。)
 
そうすると、
 
☑ 心が無秩序
☑ 心が混乱
☑ 心が乱雑
☑ 心が不穏
☑ 心が騒動
☑ 心が騒乱
☑ 心がOrderでない…
 
そして、心の状態が、症状となって外に出てくるというメカニズム。
 
これらって、どう考えても、心房中隔欠損とは異なるジャンルでしょ。
 
ということで、
I'm disorder!アイム ディスオーダー!という考え方もおすすめです!
「厳密に言うと私は病気(Disease)じゃない…」って考えるんです。
散々、病気病気と言っておきながらすみません。
 
 
 
 
 
 

2014/02/16

NABA

明日、じゃなくて、もう今日ですが、
 
ちなみにNABAとは、、、
正式名称は、日本アノレキシア(拒食症)・ブリミア(過食症)協会のこと。
Nippon Anorexia Bulimia Associationの頭文字をとったグループ?団体?です。
 
もう少し早くアップしようと思ったのですが、遅くなってしまいました。。。
摂食障害と抜毛癖はびっくりするくらい共通項があると私は思っているので、
お近くの方は参加されてみてはいかがでしょうか?
私もおそらく行きます。
 
自助グループだけでも、
たくさん参加するみたい。
 
 
==============================
 
第10回ピアサポ祭り
 
日時 2014年2月16日(日)
会場 玉川区民会館 ホール (東京都世田谷区等々力3-4-1)
 
==============================
 
 
 

2013/10/03

コメントありがとうございます (*'▽'*)♪

 
 
コメントいただきました!
ハンドルネームがなかったので、No Nameさんとさせていただきます。
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
落としどころがわかるようになるには… http://bit.ly/19ICYPV
へのコメントとして、、、
 
No Name さん
今カウンセリングに通っていて、かなりしんどくなっていたのは完璧な自分になろうとしていたんだと気付きました。
自助グループは大勢の人の前で話すのは苦手なので他の方向で調整できたらなと思います。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
ランチ会の参加はマックス4名です。
4名は多い…というのなら、無理にはおすすめしませんが、
カウンセリングとは全然別の効果はあると思いますよ~(・∀・)
あと、しゃべりたくなければずっと黙っていることも可能です。
他の参加者の話を聴くというのも1対1のカウンセリングでは体験できないことだと思います☆
 
 
-----------------------------------------------------------
 
 
コメントをくれた方以外のみなさまにも共通するような気がするのですが、
自分で考えて自分で決めてしまってそれがベストだと思い込んでいらっしゃらないでしょうか?
(もちろん自分で考えて自分で決めないといけないこともありますが…)
 
この思考パターンの原因は、親があなたに対して積極的関心がなかったことが考えられます。
だから自分でなんでも決めなきゃ!となっちゃうのかもしれません。
あ、あと、小さい時からあなたがあなたの母親の母親役をやらされていたとか、
ずっと母親のカウンセラー役だったとかね…
(親があなたに対して積極的関心はあったと思う…というのなら、それは親が親自身のためにあなたに関心を払っていたのであって、親があなたのためにしていたわけじゃないでしょう。そういう場合、親の欺瞞に気づけないとずーっと親に依存してしまうか、もしくは本能的に親の危なさに気づいてしまったら全部自分で決めるようになっていくと思います。)
 
そうなると、必然的に、失敗したくないから、選択肢も狭めるし、リスクもとれなくなっていく。
 
けれども、
予測可能なことしかしたくない、予測可能なことしか怖くてできない…というお気持もわかりますが、
人生には(常にじゃないけど)リスクをとっていかなければいけない時期もあると思います。
 
どうなるかわからないけど、リスクをとって家をでてみる
どうなるかわからないけど、リスクをとって働いてみる
よくわかんないけど、ランチ会に行ってみる (先日の直近のランチ会みなさんはそんな感じだったような…)
付き合ってる彼氏とすっぱり別れる、もしくは逆に結婚してみる…などなど
 
その結果、失敗してもいいのですが、絶対に失敗したくない!って思いすぎているふしはないですか?
 
家を出て、無理そうになったら、実家に戻ってもいいんですよ☆彡
バイトは半日でやめて(逃げて)もいいし、派遣や正社員でも会社をやめることは可能です。
まず、これらのことを自分で自分に許す(赦す)と決断してから、家を出ればいいし、働けばいいと思う。
最初からハードル高くしてる人多すぎ。
※半日でバイト辞めたら(逃げたら)、追々絶対ネタになるよ。
 失敗豊富で、ネタにして喋ってしまえる人って、なんとなく憎めなかったりするんですよね(´∀`)
 
 
心境が変われば行動(家出・仕事など)するという考え方では、
あっという間におばあちゃんになってしまいます。
 
(テレフォン人生相談にはその手の50、60、70代がたくさんいらっしゃるように思います。もういいかげんその年代になったら、悟りの境地に入れるんじゃないかと昔は思ってたけど、いやいやいや、それはかなり甘い考え。人って自ら大人になろうと努力しないと大人になれないということがよくわかります。だって50、60、70代で言ってることがまるで子どもって人がほとんどなんだもん(ーー; あなたの親の言動もそういうところあるでしょ?)
 
つまり、行動しないと心境は変わらない!のです (´ε` )
 
 
 
 
 
 

2013/09/24

業務連絡ふたたび/9月28日のランチ会に参加される方へ

 
 
メールが届かない等ございましたら、
ご連絡ください(^o^)/

2013/09/18

業務連絡/9月28日のランチ会に参加される方へ

 

ランチ会に参加される方で、フォームよりお申込いただき、
私から折り返しメールが送れない方がおひとりいらっしゃます。

 
場所や時間等の詳細をお送りしたいのですが、
gmailからのメールを迷惑メールに分類されないよう解除いただき、
メールやツイッター等で、私にご連絡いただけますでしょうか?
 
 
メールはこちらまでお願いいたします。
 
よろしくお願いいたします!(・∀・)
 
 
 
 

2013/09/05

ランチ会のお知らせ

 
 
お久しぶりのランチ会のお知らせです\(・o・)/
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
日時:9月28日(土) 11:30~ごろから
 
場所:東京23区内のどこか
ご参加いただく方に直接ご連絡させていただきます。
 
定員:4名
ご参加は、抜毛当事者の方のみに限らせていただいております。
申し訳ございませんが、親御さんのご参加はご遠慮をお願いいたします。
高校生や中学生の方も全然OKですcherry
 
費用:ランチ代実費(2000~2500円程度)
 
お申込はこちらのフォームから↓お願いいたします (・∀・)
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
よろしくどうぞhappy01

2013/08/02

オープン・カウンセリング

 
金曜の夜に、斎藤学先生のオープン・カウンセリングがあります。
定期的に開催されています。
 
聴講のみの場合は予約の必要はなく、フラッと立ち寄れます。
物理的に行けそうなら、聴講されてみてはいかがでしょうか~。
 
近々のオープン・カウンセリングは8月9日(金)です。
 
 
詳細のURLはこちら(・∀・)
 
 
 
 
 

2013/06/04

としまえんに一緒に行こうイベント開催(予定)

 
募集したところで集まっていただけるのかどうかわかりませんが、、、
 
人は誰でも悩みの堂々巡りや負のスパイラルに入ってしまうと、
自分自身が自分の自縛霊(呪縛でもなく地縛でもなく自分で自分を縛っちゃうほう…)になっちゃって、
にっちもさっちもいかなくなるってくるらしい。
 
そんなときは、
体をゆすってみたり、なにかに体をゆだねてみるのがいいらしいんです。
中でも体の感覚を取り戻すにはジェットコースターがいちばんいいんだって。
 
これはとある脚本家が言ってたことで、
彼は、脚本が煮詰まっちゃうとジェットコースターに乗るらしい。
 
体と心のミスマッチ状態を、一旦ジェットコースターでゆすってやって解放させると、
次の日には頭も心もすっきりしてくるんだって。。。
あ~なるほど、そうかもね、、、と思ってしまいました☆
 
 
ということで、下記のとおり開催しようなと思っております。
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
日時:6月30日(日)
 
 
費用:入園料/ごはん代等 各自実費負担
 
 
定員:4~5名?くらい
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
 
奮ってご応募ください~!
 
 
サイクロンに乗りたいな。
これがいちばん怖いらしいよ。としまえんでは dash smile
 
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧