みんなのメルマガ!

抜毛症ブログ↓

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

無料ブログはココログ

« Disorder | トップページ | 確率は33% »

2014/03/07

「怒」の感情

 
傲慢かもしれないけど、人の本質がわかるほう。
もちろん全人類の本質がわかる!なんてことはありません。
もっと狭い範囲の話。
 
具体的に言うと、
その人の本質の部分が、「怒」の人。
微妙なニュアンスの違いですが、「怒る」「怒り」というよりは、漢字一文字の「怒」です。
「いかり」ではなく、「ど」と読んでくださるほうがしっくりきます。
 
表面上、穏やかに見えても、私、たぶんわかっちゃうんですよね。
どれくらいの確率でわかりそうかと言うと、おそらく、8~9割外さないかも…。
ポイントは、その「怒」を、その人自身も気づいていないことです。
完全に隠れているところ、無意識のところに持っている。
 
 
それじゃ、「怒」の人が、私の周りにたくさんいるかというと、そんなことは全くありません。
けれども、個人的に「怒」の人と知り合う機会があったり、一緒に時間を過ごさないといけなくなると、
ううっ(;´Д`)って、なります。
無意識レベルの「怒」って、結構強烈なパワーを発する。
 
これは、特別な能力でもなんでもなく、そして私だけじゃなく、
みなさまの中にもできちゃう人(もしくは、似たようなこれ系、「怒」以外でも、見分けることができる人)
いらっしゃると思うんです。
 
なぜ、特別な能力ではないけども、このような能力を持っているのかと言うと、
またここで、親の話&トラウマの話になります。
つまり、私の両親は、この「怒」が凄まじかった人たちだと思うんです。
だから、私が、過剰に反応してしまう。
 
反発だけ…で生きてきた私にとっては、
この「怒」の人に会ってしまうと、その人は親じゃないのに、赤の他人なのに、
無意識のうちに敵対視し、排除しようとしてしまうみたい。
いい年して、ほんとにその人と絡みたくなくなるの。
(このあたりの自分の心の動きが、最近やっとなんとなくわかってきました。)
 
いやはや、
赤の他人の「怒」なんてものに、気づいてもなんの得にもならないのです。
 
恐るべし、「怒」の怨念。
 
しかも、非言語のコミュニケーションって、ほんとにあるんだと実感するのですが、
相手の「怒」に私が気づくじゃないですか、無意識レベルで、そしたらどんどんその「怒」パワーが私に向かってくるんです。いやこれマジで。ブロックできないのです。なんせ生まれたときから受け慣れしてるから。かなりのハイレベルなのです。というかたぶんプロ級。どうやったってうまくできてしまう。回避するの結構難しい。パワーゲームに巻き込まれる。そして私が勝手に苦しくなる。
 
だから、しつこいですが、「怒」に気づいてもなんの得にもならない。
というか、気づく必要すらないのです。気づかないだけで、だいぶ楽になると思う。
 
 
 
最近、身近に、「怒」の人がいるのですが、
試練の日々ですね~。苦手なんて次元じゃないですね~。ほんとにしんどいね~。
 
あんたの勝手で、怒ってんじゃねーよ!ふざけんな!と、
その人の無意識レベルの「怒」に向かって叫びたくなりますが、
叫べないので、書いてみました。
 
あー\(・o・)/
書いたらけっこうすっきりしました。
 
つまり、キーワードは、愛なのでしょう。
わかってるよ。でもしんどいね~。愛の実践は大変です。
 
 
 
追伸①
顕在(けんざい)意識の怒りの感情は問題ないと思うし、原動力になることは確かだし、
私もしょっちゅう怒ってます。だから怒りは悪い感情だと思わないでくださいね!
無意識の「怒」が、顕在化してくるとヤバいと思うけど。ややこしいけど考えてみてください。
 
追伸② 
「怒」を見つけると、私は徹底的に反発、排除に動こうとすると書きましたが、
これとは真逆で、どんどん引き寄せられてしまう人もいると思います。
以前も書きましたが、特に恋愛で、親から受けた状況(あなたにわからないように、全然違うかたちで目の前に現れますが…)を与えてくれる人、不幸にしかなれない人をわざわざ選ぶ。
ひとつ言えることは、反発派も同調派もどっちも極端!バランスがゼロ!
というのが特徴です☆

« Disorder | トップページ | 確率は33% »

アメリカのNPO」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

トリコチロマチア」カテゴリの記事

乳幼児・幼児」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

思春期・青年期」カテゴリの記事

抜毛症(ばつもうしょう)」カテゴリの記事

抜毛癖(ばつもうへき)」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

薬剤治療」カテゴリの記事

親子関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535183/55266037

この記事へのトラックバック一覧です: 「怒」の感情:

« Disorder | トップページ | 確率は33% »